さぁ、他の記事でネットワークビジネス会社の選び方について説明したけど、他にもネットワークビジネス会社ば選ぶポイントのあるっさね。

 

前話したとは、会社がまともかどうかば見極める方法とけど、それと同じくらい、「自分に合った会社か?」ていうことも大切。だって、ネットワークビジネスって結局その会社の商品ば口コミで広げてナンボやけん、自分と合わんかったら成功するはずがなかよね。

 

いってしまえば、会社が販売しとる商品ば信頼できんやったら絶対成功できんってこと。

 

だけん今回は、ネットワークビジネスで成功するための会社選びば、商品選択って視点から説明していくけん。

 

さっきもいったごと、登録したネットワークビジネス会社が販売しとる商品と相性が悪かったら、ぜったいネットワークビジネスでは成功できん。これは、どれだけ良い商品ば販売しとる会社に登録しても同じ。

 

で、そがん商品選択の視点で会社選びばするときには、まず「自分がたずさわる目的」ばはっきりさせとくことが大切らしか。

 

まぁ簡単にいうと、愛用者としてネットワークビジネスに関わるのか?ビジネス目的でネットワークビジネスに関わるとか?って話たいね。まぁもちろん、このブログば見よる人のほとんどは、ビジネス目的と思うけど。

 

はっきりいって、愛用者レベルでネットワークビジネスと関わるだけなら、自分が製品ば気に入れば問題なかよ。

 

けどビジネス目的で関わるとなら、それだけじゃダメったいね。だって、自分が好きなものが世間一般で売れるかどうかとかわからんやろ?自分は好きでも世の中で流行らんやったらビジネスとしてはまったく上手くいかんとは当たり前よね。

 

だけん、登録する主宰会社が販売しとる商品が世の中でニーズがあるかどうかってことば考えるとはめっちゃ大事。

 

自分自身が好きなものじゃなくて、世の中でニーズがある商品ば売っていくとはビジネスの鉄則やけん。

 

あとは、収入に継続性があるかってこともポイント。

 

たとえば、テレビとかエアコンとかって、高いけど一回買ったら何十年って買わんよね。だけん売る側にとってみれば、継続性はない商品になるったいね。

 

その一方で、消耗品ってずっと買い続けるたい。考えてみてん。トイレットペーパーの無くなったらすぐに買うやろ。歯磨き粉とか、サプリメントとかも同じで、無くなったらすぐに買わんといかんような商品は継続性のあるったい。

 

しかも、こがんやつってだいたい買うとの決まっとるけん、あんまり考えんで同じやつば買うやろ。だけん、一回売れたらどんどん売れるとよ。

 

他にも、時代のニーズも考えんばよね。単純にこの1年だけ流行っとる商品ば売るとしたら、1年は売れていいかもしれんけど、その次からは売れんよね。だけん、持続的にニーズのある商品ばあつかっとる会社ば選ばんば。

 

たとえば、流行もののダイエット商品とかよりは、ずっと変わらないサプリメントとか健康食品とかの方がニーズは続くよね。

 

あとは文化。まぁみんなは日本でビジネスばしていくと思うけど、海外で流行っても日本で流行らんものって山ほどあると思うったいね。で、ネットワークビジネス会社って海外が大元のところが多かけん、海外で成功した商品ば日本に持ち込むことの多かっさね。

 

でも海外と日本って文化の違うけん、海外で成功しても日本で成功するかはわからんとよ。だけん、日本の文化に合った商品ば売っとる会社ば選ばんばと。

 

簡単にいうと、ヒット商品じゃなくて、ロングセラー商品ば狙っとる会社を選ぶことがポイントよね。

 

もちろん、ビジネスで成功するためには時流ばうまくつかんだいわゆるヒット商品ば開発することも大事かとけど、ネットワークビジネスでは特にヒット商品より継続性のあるロングセラー商品であることが大切。

 

だって一時的に売れても、継続性のなかったら、せっかく苦労してネットワークば作っても、すぐになくなってしまうやん。

 

だけん、いってしまえば日本で100年前から使われとるような商品ば扱っとる会社が良かね。たとえば、せっけんとか、化粧品とか、しかも今後も絶対になくならなそうな商品がベストやね。

 

あと、さっきもいったごとビジネスの鉄則ってユーザーのニーズを満たす商品ば売ることやけん。

 

ビジネス目的でネットワークビジネスに参加するとなら、自分目線は捨てんばよ。もちろん、自分が納得できん商品ば勧めるのは難しかと思うけど、あまりに自分目線ばかりで選んでも世間では売れんけん。

 

だけん、面倒やけど、ネットワークビジネスの会社ば選ぶときには、市場調査とかばして、動向ば確認したほうがよか。

 

本やとかいったらわかるかもね。本屋でロングセラー商品が多いジャンルは、ビジネス的にも長く続いとるジャンルやけん、これからも需要はあるはず。逆に、ロングセラーがないものは一時的には売れるかもしれんけど、長くは続かんよね。

 

こがん視点で本屋ば見てみると面白かかもしれんね。

 

まぁ、とにかくネットワークビジネスの会社ば選ぶときには、世間的にニーズがあって、なおかつ長く続くようなジャンルの商品ば扱っとる会社にするのが鉄則よ。

 

そうじゃなければ、ネットワークビジネスばビジネスとしてやっていくのはキツかと思う。もちろん、最初に言ったごと、愛用者としてだけ関わるとであれば、自分が気に入った商品ば扱っとる会社ば選べばよかと思うけど。

 

こがん感じで、ネットワークビジネスの会社ば選ぶときには、会社が扱っとる製品にも注目したほうが良かよ。


Copyright(c) 副業ネットワークビジネスで稼ぐまでの道. All Rights Reserved