こんにちは。

 

知り合いで副業でネットワークビジネスやってる人の中に「友達だから安くしてあげてる」っていう人がおったとけど、これって完全にアウトやけん。

 

確かに、ネットワークビジネスは会員になったら会員割で商品ば買えるけん、知り合いに安くで売ってやりたくなるとはわかるけど、こればしてしまったらビジネスじゃなくなるし、商品自体の価値が下がってしまうけん、誰にとってもメリットのなかったいね。

 

まぁ今日はそんな「知人に格安で商品を売るな」って話。

 

みなさん知っての通り、ネットワークビジネス会社に登録したら、その会社が販売しとる商品ば会員価格で買えるったいね。だけん、愛用者としてだけ会員になっとる人も多かとよ。

 

商品の愛用者として会員登録して、安くで商品ば買えるけん得よね。で、ビジネス目的の人は、安くで買って定価で売れば、その差額分は自分の利益になるってこと。だけん売れば売るだけ儲かるってことよね。

 

まぁ確かにわかるっちゃんね。「知り合いやけん、会員価格で仕入れてそのまま流してやるよ」って気持ちも。けどそいは絶対したらだめ。

 

何でかって、まずネットワークビジネスはボランティアじゃないってのが一つの理由。

 

あなたがボランティア精神でネットワークビジネス始めたとやったら、別に知り合いに割引してやってもよかと思うよ。けど、ネットワークビジネスば「他の人に会員価格で譲ってやりたいけん」って理由で始めた人っておらんくない。

 

だいたいは、「商品が気にいったけん」っていう愛用者の立場か、もしくは「ネットワークビジネスで稼ぎたい」っていうビジネス目的の立場と思うっちゃんね。

 

で、自分の周りにはビジネス目的の人がほとんどっちゃけど、そいでも「知り合いには安くで売りよる」って人の多いっちゃんね。

 

けど普通に考えてみて。商品ば仕入れるとは安くで仕入れられるかもしれんけど、商品ば仕入れるまでにかなり手間かかるよね。

 

たとえば、製品ば注文せんばし、注文した商品ば取りにいかんばよね。このときの時間もかかるし、遠くやったら交通費もかかるたい。注文のときにはもちろん電話代とかFAX代もかかるよね。

 

そがん状況で会員価格で手に入れた商品ば友達にそのままの値段で渡し続けたら損するとは明らかやろ?

 

ボランティアで友達とか親戚のためにわざわざ注文して仕入れるっていう手間ばかけると。そがんと短期間は続くかもしれんけど、絶対いつかはめんどくさくなって止めるけん。しかも、ボランティアばやめるだけならよかばってん、そのせいでネットワークビジネスばやめてしまう可能性もあるとよ。

 

しかもよ、ネットワークビジネスってどんどん下に広がっていくビジネスやん。だけん、あなたがそがんことしよったら、あなたがネットワークビジネスに誘った人たちも真似して知人に安くで売るごとなるとよ。

 

ネットワークビジネスって、ネットワークで情報の広がっていくとが良かとことけど、こがんやって悪いこともすぐ広がるけん。

 

だけん、「親しい知人にだけ…」って軽い気持ちかもしれんけど、あなた一人の問題だけじゃなくなるっちゃんね。

 

しかもね、ビジネスって定価で商品が販売されとるけん、そこに市場価値の生まれてビジネスの成り立つごとなっとるっさね。はっきりいって、割引した価格で商品の流通したら、そのネットワークビジネス会社のビジネス自体危うくなるとよ。

 

たとえば、最初は自分の親族だけに会員価格で商品ば売りよったかもしれんよ。

 

けどそいが親族から親族、親族の親族から友達って広がっていったら、いつかその会員価格が商品の市場価値になってしまう可能性もあるったいね。

 

当たり前やけど、定価じゃなくて会員価格が市場価値になったら、ビジネスとして成り立たんくなるよね。

 

こがんなったらどがんなるかわかる。

 

ネットワークビジネスで頑張って生計ば立てとった人たちのビジネスが壊れることになるだけじゃなくて、こいまで商品ば気にいって愛用しよった人たちも商品ば使えんくなるとよ。

 

だけん、軽々しく「身内やけん会員価格で良いよ」ってしたらいかんったいね。

 

わかるよ。おいも正直なところ、最初は親族とか友達とかには会員価格で売ってやりよったっちゃんね。けど、ネットワークビジネスで成功しとる人からアドバイスもらって、そいは一切止めた。

 

どんだけ身内であっても、定価で商品ば売るごとしよる。こいが、ネットワークビジネスばしていく上での最低限のマナーってもおもっとる。

 

まぁこがん感じで、ネットワークビジネスの商品ば会員価格で知り合いに譲るとは、誰にもメリットのなかけんせんごと注意せんばよ。


Copyright(c) 副業ネットワークビジネスで稼ぐまでの道. All Rights Reserved