自分もサラリーマンとけど、副業でネットワークビジネスをやるからには確定申告を考えんとだめだよね。

 

最初は確定申告しなくても問題ないかもしれないけど、ネットワークビジネスで稼げるようになれば間違いなく確定申告は必要になるだろう。だから今のうちから確定申告について勉強しとこうと思う。

 

そもそもサラリーマンって確定申告せんばとかね?なんかある程度稼いだら確定申告がいるって聞くけど、具体的にどれくらい稼いだら確定申告せんばとかね?

 

サラリーマンって副収入が20万円超えたら確定申告せんばってよく聞くとけど、この20万円って何?

 

確定申告のときに関係する税金の一つに所得税ってあるらしい。所得税というのは、働いて得た所得に対してかかる税金で、サラリーマンの場合は20万円以上の副収入がない場合は確定申告せんでよからしい。

 

また、専業主婦やったら、サラリーマンと違う扱いになるらしか。

 

例えば、専業主婦ってネットオークションやフリーマーケットしよる人多かよね。こがん感じの小遣い稼ぎ程度やったら「雑所得」ってなるみたいやけど、これも稼ぎすぎたら「事業所得」となるらしか…難しかね

 

で、雑所得は基礎控除っていわれる38万円ば超えんければ確定申告せんでよかけど、サラリーマンとかパートしよる人は話が別のごた。

 

サラリーマンやパートで、他のところから給与をもらっている人でも、副収入が20万円以下であれば申告を行わんでよからしい。けど、20万円以上になると確定申告を行わんば捕まるらしかよ。

 

だけん、専業主婦やったら副業で38万円以上稼いだら、サラリーマンやパート(非常勤)やったら、20万円を超えたら確定申告をせんばってこと。

 

ばってん、このときに「所得税」「住民税」ば分けて考えんばらしか。

・所得税

 

所得税は、その名のとおり、所得に対してかかる税金のこと。これは、さっきいったように下の2つの条件に当てはまる人は確定申告をせんばみたい。

・年間38万円以上の所得がある

・パートとは別に20万円以上の所得がある

 

だけん、正社員として副業しとる人は20万円以上、専業主婦は38万円以上ネットワークビジネスで稼いだら所得税の確定申告ばせんばってこと。

 

・住民税

 

住民税は、県や市に住ませてもらっているってことで、県や市に対して払う税金のこと。だから住んどる地域によって住民税は全然違うったいね。どがん考えても住民税の安かところに住んだ方が得よね。

 

で、所得税の場合は、サラリーマンも20万円越えんければ大丈夫とけど、住民税の場合はそうもいかんらしい。住民税は副業による所得が何円であっても申請せんばみたい。

 

だけん、世の中では「20万円超えんければ確定申告せんでもよかよね」ってなっとるけど、もし20万円以下で確定申告せんかったら脱税になるみたい。

 

確定申告せんかったらどがんペナルティのあるか知っとる?

 

例えば、「期限に遅れた」場合は、申告してない分に加算税として15パーセント追加(納税額が50万円を超える場合は20パーセント、調査前の自己申告は5パーセント)されるみたい。

 

で「申告したが税金を納めなかった」場合は、遅滞税14.6パーセント(期限の翌日から2ヶ月以内であれば納税額7.3パーセントもしくは前年の1130日の公定歩合+4パーセントのうち低い方を適用)だって。うわーきっつ。

 

他にも、「期限内に申告して納めた税金が不足していた」場合は、過少申告加算税として10パーセント追加で、「悪意で意図的に正しく申告をしなかった」場合は、重加算税35パーセント追加(無申告の場合40パーセント)だって。やばいよね…

 

だけん、こがんならんごと副業でネットワークビジネスするときは、税金についてしっかり勉強しとかんばってことやね。


Copyright(c) 副業ネットワークビジネスで稼ぐまでの道. All Rights Reserved